新隂流 (新陰流)

上泉伊勢守(かみいずみいせのかみ)を流祖とし、足利時代末期戦国の世に創始された日本の剣術を代表する流派です。

上泉伊勢守は幼少より香取神道流を修行し、長じては陰流の祖である愛洲移香斎(あいすいこうさい)より学び、
新隂流を創始しました。
その後、第二代である柳生石舟斎により新隂流の整備がなされ、その子宗矩が徳川将軍家師範となるに及び、
新隂流の盛名は確固たるものとなりました。

当会では上泉伊勢守より柳生石舟斎、そして尾張藩の兵法師範となった柳生兵庫助、柳生連也斎へと伝承された新隂流を稽古・探求しております。

東京都新宿区・神戸市東灘区・新潟県新潟市にて稽古を行っています。

 

※当会では陰の旧字体である「隂」を用いて「新隂流」と表記しております。

 

© 2021 新隂流 武學 精錬会